※ 内容が全く更新されない場合は、F5キーを押してみて下さい。
ひらめき

2014年06月26日

おっぱいまつり実行委員や色々で思う事

▼ 参加しています ▼






2014.6.26(木) 13:30〜15:00
おっぱいまつり実行委員会、第3回目の会議が行われました。
写真.JPG


私にとって大好きなイベント、おっぱいまつり。
イベントに参加するたび、各ブースの方々色々いらっしゃるようで凄いなぁ〜とも思っていました。
多分、"多くの人に楽しんでもらう"を目的とするなら毎年大成功だと思います。

ただ実行委員として参加させてもらい、色々ご意見聞く中でも感じますが、
特に今回はイベント前日にシンポジウムを開催するほど「おっぱい都市宣言のまち」として開催する「おっぱいまつり」の想いを伝えたい気持ちがあるはずなわけで・・・

普通何をするにも"目的"があって、それが達成する内容であるか考えるのは当たり前のことで、同じ"楽しんでもらう"にも、これだけのお金と協力があるなら、もっと意味深い事をプラスするのは難しいことではないと思えてなりません。

何十万の予算も、動かすことに慣れてしまうような環境にあるかもしれませんが、普通に過ごしている家族にとっては大きいお金であり、国や環境によっては今生きる事もままならない多くの人がいるという精神を、1人1人がしっかり持てる世の中になってほしいと願わずにはいられません。
環境によって感覚が変わってしまうのは、私は勿論人間ならどうしようもない部分ですし、きれいごとでは出来ない多くの事もあると思いますが、きれいごとでないと言って選択できるような対象ではない内容が、世の中にはありすぎるように思います。
市の方含め、皆暇で集まっているわけではないのだから、皆で集まるだけの内容であってほしい・・・

目標と結果をしっかり考えながら、最後まで責任をもって取り組みたいし、次の年に活かせる環境であってほしいと思います。(ていうかそうじゃなきゃダメでしょ、税金使ってるんだから)

とはいえちっちゃいけれど、
自分を介して色んな葛藤を感じながら、心が少しでも鍛えられて強くなっていける部分もあると思うと、やはり乗り越えた先を見たくなり、この状況にも感謝できます。

そして、内部情報の詳細などをここで暴露してクレームをつけることは簡単なのに、平等な実行委員という機会を与えてくれ、きちんと考えてくれているであろう市の方に、はやり感謝です。
今後もよりよい活動をすべく、市民参加での進め方を大切にしてもらえたらと願います。

そして、色んな方が何らかの形で参加した時、特に関係ないと思わないで、少しだけその先を感じてみてもらいたいし、そう思えるような環境をどうやったら作れるのか、自分なりに考えていきたいです。
今はもう、忙しい子育て世代の人たちの活発な参加も絶対必要な、危機的環境になっていると思います。
自分たちの事以外に目を向けないと、子供達にとって必ず悲しい未来が待っているのだと焦ってもらいたいです。そして1人1人にやさしい環境が築けたらと願います。


とりあえず・・・なかなか難しいとは思うけれど・・・
日曜日の「おっぱいまつり」は勿論、
土曜日の「ひかり子育てシンポジウム」に、1人でも多くの方々にも来てもらい、何かを感じてもらえたら嬉しいです。

笑顔の写真も募集されるので、是非ご参加下さい♪

まずは色々、知ることから・・・(^^)






参加しています!!
ポチッともらえるとメキッと力になりますヾ(*≧∀≦)ノ彡

いつもありがとうございます!!(人´∀`).☆











【関連する記事】
posted by NATUMI at 23:00| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ママ_おっばいまつり実行委員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。